2020年6月29日

Aミッタル、欧州で炭素中立目指す

欧鉄鋼大手のアルセロール・ミッタルは25日、2050年までに欧州事業で実質炭素中立(カーボン・ニュートラル)を目指す計画の詳細を発表した。2030年までに二酸化炭素(CO2)排出量を30%減らす革新的技術を開発する。鉄スクラップの活用を拡大し、スマート・カーボンと革新的直接還元鉄(DRI)の技術をテコに、数兆円規模の投資で製鉄工程を再構築し、低炭素、実質炭素中立を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)