2020年11月9日

日本製鉄、カルバートに電炉新設へ

 日本製鉄は6日、アルセロール・ミッタルとの米鋼板製造合弁事業、AM/NSカルバートに電炉新設を検討、高品質製品の供給体制を強化する方針を明らかにした。980メガパスカル以上の超ハイテンを電炉から一貫生産する。両社合弁のI/Nプロジェクトを含めて米国事業の大部分を売却するアルセロール・ミッタルと日本製鉄の経営資源をカルバートに集中、先端商品を含めフルメニューの供給体制を強化する。日本製鉄は電炉薄板生産の知見を蓄積し、グローバル戦略に生かす。

おすすめ記事(一部広告含む)