2017年2月17日

NSSOL、AIの入場者数予測モデル開発 Jリーグ向け

 新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL、謝敷宗敬社長)は16日、日本プロサッカーリーグ向けにAI(人工知能)の一種である機械学習を活用した年間入場者数の予測モデルを開発したと発表した。予測のための変数としてスタジアム別平均入場数、キックオフ時刻、日付、入場者が増えやすい一部の特徴的な節(節フラグ)の4つを採用するとともに、分析ツールとしては売り上げ予測などで使われる多変量解析の一つである重回帰分析を使ってモデル化した。2016年シーズンでは予測と実績の誤差が約0・5%にとどまった。

おすすめ記事(一部広告含む)