2017年3月8日

日新製鋼、「黒ZAM」を開発

 日新製鋼は8日、高耐食黒色めっき鋼板「黒ZAM」を開発し4月から営業受注を開始すると発表した。業界初の独自技術によりZAMのめっき層を特殊な改質で黒色化し、高耐食性と意匠性を両立させた。黒色の塗装鋼板と比較し、耐摩耗性や耐キズ付性に優れている。製造拠点は堺製造所で、当面の生産量は月間数100トンを計画している。

おすすめ記事(一部広告含む)