2018年2月28日

KEK、東北大学、新日鉄住金 金属酸化物 不均一変化 反応起点を特定

 高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東北大学、新日鉄住金の3者はこのほど、金属酸化物の化学状態が不均一に変化する現象をX線分校などの光源となる放射光を使ったX線顕微法で観察し、応用数学の手法のパーシステントホモロジーを活用してその反応起点を特定する世界初の研究手法を開発したと発表した。不均一さの「かたち」に注目した新たなアプローチで、機械学習や人工知能を使った材料開発に活きる手法の一つとなる可能性があるとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)