2018年9月7日

日亜鋼業、新型獣害防護柵を発売

 線材二次加工メーカー大手の日亜鋼業(本社=兵庫県尼崎市、国峰淳社長)は、新型獣害防護柵「アンダープロテクトフェンス」を、今月から販売開始する。本製品は、溶接金網製獣害柵の課題である柵下部からのイノシシなどの侵入を防ぐ増設補強型獣害防護柵。柔軟な金網構造でさまざまな地面の形状に対応でき、簡易に設置できることから、同社は既設の溶接金網製獣害柵を持つ農家や地方自治体、ゴルフ場などをターゲットに販路拡充を図る方針。

おすすめ記事(一部広告含む)