2019年6月12日

神戸製鋼 マツダ スラグ低減溶接法開発

 神戸製鋼所は12日、マツダと発錆の起点となるスラグを低減し、足回り部品の防錆性能を高めた溶接方法「自動車足回り向けスラグ低減溶接プロセス」を開発したと発表した。また、同共同開発は日本の溶接技術の発展に寄与した研究開発者に授与される「2018年度(第49回)日本溶接協会賞技術賞(本賞)」を受賞した。

おすすめ記事(一部広告含む)