2021年4月21日

大同特殊鋼 低反射率高耐久性 ターゲット材開発

 大同特殊鋼は21日、優れた低反射率と耐久性を併せ持つ、合金のメタルメッシュ黒化膜用ターゲット材を新たに開発し、「STARMESH(スターメッシュ)」シリーズに高信頼性モデル「β1(ベータ1)」として加え、4月に販売を開始したと発表した。大型タッチパネルの長寿命化を実現でき、リサイクル性にも優れる製品特性を生かし、大型化がトレンドの車載用タッチパネルや電子黒板など、今後需要拡大が見込まれる分野に訴求。また自動運転関連や5G用透明アンテナなど、次世代社会インフラにも活用が見込まれ、当面、既存スターメッシュシリーズの「α1」と併せ年間10億円の売り上げを目指していく。

おすすめ記事(一部広告含む)