2009年1月7日

小棒輸出、3万6000トン 11月

 2008年11月の小形棒鋼輸出量(財務省通関統計)は、前月比53・1%増(前年同月比92・4%増)の3万6097トンとなった。内訳は、大半が韓国向けで65・4%増(約2・5倍)の3万5102トン。引き合いが多かった秋口に成約されたもので、その後は世界的な需要減や為替が円高に振れたことで、小棒、ビレットともに輸出は低調に推移している。

おすすめ記事(一部広告含む)