2009年1月8日

住友鋼管、4割減産 1―3月

 大手溶接鋼管メーカー、住友鋼管は、世界同時不況による需要急減を受けて、2009年1―3月で前年同期比4割減となる電縫鋼管の大幅減産に踏み切る。

 また、収益悪化の懸念が出ていることから、1月6日付で『緊急コスト改革委員会』を設置しており、全経費項目を精査して抜本的なコスト合理化を推進し、09年度末までに全社トータルコストで20%削減する計画だ。

おすすめ記事(一部広告含む)