2009年1月26日

宗岡鉄連会長、「需給立直し案」

 日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長(新日本製鉄社長)は23日の月例会見で、鉄鋼需要が落ち込むなか、「鉄鋼業界も思い切った減産をし、需給を立て直すことが最重要課題」との認識を示した。

 「自動車など主要需要産業の活動低下による実需の減、在庫調整に加えて、需要家にいくまでの段階で、鋼材の在庫が増えている」と述べ、供給調整の必要性を訴えた。

おすすめ記事(一部広告含む)