2009年1月29日

印・SAIL、10-12月 56%減益

 印国営鉄鋼メーカー最大手のスチール・オーソリティ・オブ・インディア(SAIL)は27日、第3四半期(10―12月)の純利益が84億3000万ルピー(約152億円)と前年同期に比べ56%減少したと発表した。

 原料高に加え、販売価格が低下したため。過去最高を記録した上期から一転し今年初の減少。税引前利益は125億7000万ルピーと57%減。売上高は994億6000万ルピーと7・5%減り、減収に転じた。

おすすめ記事(一部広告含む)