2009年4月10日

大阪市況・普通線材製品が続落

 大阪地区の普通線材製品市況が4月に入って続落している。需要が縮小する中で販売先からの値下げ圧力は強く、対抗する材料の少ない製品メーカーや問屋は徐々に価格を下げて対応している。国内線材メーカーの価格対応が明らかとなるまでは、下げ余地を残した市況展開が続くと予想される。

おすすめ記事(一部広告含む)