2021年5月21日

大阪市況 薄板5000―1万円続伸 流通、在庫不足で強姿勢

大阪地区の薄板市況は、継続する在庫不足やナイモノ高を背景に、薄板全品種でトン当たり5000―1万円続伸した。大阪地区では5カ月連続の上昇。国内高炉メーカーの店売り向けの供給体制に回復の気配はなく、地区コイルセンターへの納期遅れも続く。タイト化が進むにつれ流通各社で値上げのピッチも速まっており、厳しい状況の中、価格是正の姿勢を強めている。

おすすめ記事(一部広告含む)