2009年7月3日

高炉ガス管、7―9月も大幅減産

 高炉メーカーは、低迷が続く高炉ガス管の実需に対応し、7―9月も大幅減産を継続する動きにある。4―6月の生産量は、至近5年間の四半期ベース平均生産量を50%前後下回る見通しだが、需要が底割れしている状況下で、7―9月の流通再販量は4―6月と同レベルになるとの見方が大勢を占めていることから、高炉メーカーは実需見合いの生産を徹底し、適正な在庫水準に調整していく。

おすすめ記事(一部広告含む)