2009年7月8日

高炉メーカー、対韓ホット500ドル合意へ 市況反発映す

 高炉メーカーが進める韓国リロールメーカーとの7―9月積みホットコイル商談がFOB500ドル程度で合意する見込みとなった。すでに一部の高炉とリロールの間で決着したケースもあるようだ。

 昨年下期からの急激なアジア市況の下落に伴い400ドル程度まで落ち込んでいたホットコイルの輸出価格だが、輸出の大手ユーザーと約100ドルの値上げで合意見通しになったことで、あらためて価格反発が鮮明となった格好だ。

おすすめ記事(一部広告含む)