2009年7月8日

国内電炉粗鋼 5月、半年ぶり160万トン台 減産緩和の動き

 5月の国内電炉メーカーの粗鋼生産量は、前年同月比40・2%減の164万6794トンとなり、9カ月連続で前年水準を下回った。世界的な景気悪化による需要減はいぜん続いているものの、前月比では9・8%増加した。普通鋼、特殊鋼ともに減産幅を緩和する動きが見られ、6カ月ぶりに160万トン台を回復した。

おすすめ記事(一部広告含む)