2009年7月8日

関東地区 一般形鋼1000円下落

 関東地区の一般形鋼市況は等辺山形鋼がベースサイズでトン7万1000―7万2000円、溝形鋼は7万6000―7万7000円と今週に入って1000円下落した。H形鋼など建材主要品種がジリ安で推移するなか、買い手が厳しい指し値を継続していることが要因だ。

 ただ、赤字販売を余儀なくされている流通では価格維持に向けた取り組みを強めており、今後は様子見で推移する可能性が高い。

おすすめ記事(一部広告含む)