2009年7月9日

関包スチール、薄板営業を再強化

 関包スチール(本社=大阪市西区)は今期(2010年3月期)、売上高で前期比21・1%減の1009億8000万円、経常利益で同37・6%減の7億3200万円、当期純損益は前期の17億8700万円の赤字から3億4900万円の黒字確保をめざす。薄板事業の営業を再強化する方針で、分野・地域ごとのシェア拡大を図るとともに、ニッチ分野を開拓する。

 また、今年2―4月にかけ、経費の25%削減を実施しており今後、さらなるコストダウンを推進し、競争力を向上させる。関西、関東地区の加工基地の見直し作業も検討していく。

おすすめ記事(一部広告含む)