2009年7月10日

日新製鋼・周南、稼働率80%超に回復

 日新製鋼周南製鋼所(早川淳也所長)は、7―9月の稼働率が80%を超える見通しとなった。大幅減産で低操業が続いていたが、輸出引き合いを受け大幅に回復するもの。ただ、10月以降の操業については、まだ不透明感が残るとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)