2009年7月10日

印JSW東芝合弁、発電設備の工場新設

 印鉄鋼大手のJSWスチールと東芝は7日、両社合弁の東芝JSWタービン・発電機社が印タミルナドゥ州と工場進出に関する合意協定を結んだと発表した。発電効率の高い超臨界圧方式の蒸気タービン・発電機を製造する。2011年の稼働予定。経済発展によって国内の電力使用量が拡大しており、ひっ迫している発電設備の需要に対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)