2009年7月14日

住金和歌山、第4高炉吹き止め

 住友金属工業は13日、和歌山製鉄所の第4高炉(内容積2700立方メートル)を11日に吹き止めたと発表した。

 同高炉は1982年2月23日に火入れ(第3次改修)され、06年8月に世界最長寿命記録を達成したのち、通算1万1日(27年4カ月)まで記録を更新し続けた。この間の累計出銑量は4716万9321トン。和歌山では17日に新第1高炉(同3700立方メートル)を火入れし、第4高炉からスイッチする。

おすすめ記事(一部広告含む)