2009年7月14日

東京地区の普通鉄線、反発局面見えず

 普通鉄線は弱含み。市中価格は4ミリの規格線がトン当たり13万2000円、一般用線が12万4000円中心。土木需要の低迷が続き、加工メーカー、流通の在庫減にもかかわらず需給のひっ迫感は出ていない。7月下旬に市況は一段、下落するかとみる向きもあり、下げ止まり判断は早いとの警戒も一部にある。秋口まで需要は低調推移の見込みで価格反発局面も見えてこない。

おすすめ記事(一部広告含む)