2009年7月17日

韓・東部製鉄、熱延コイルの生産順調 鋼管初出荷へ

 韓国の東部製鉄は牙山湾工場で今月立ち上げた熱延ミルのコイルを母材とした鋼管を近く初出荷する。新電炉一貫熱延工場で現在は試験生産し、品質などを点検している段階。試験段階でも良品を順次商業ベースに乗せる。

 冷延ミルの母材や外販用熱延コイルなどの品質を確かめる約3カ月の試験生産を経て、商業生産に移行する考え。既存の冷延ミル以下までの一貫生産体制を早期に固め、自動車、家電向け高級材を含めた供給能力の確立を急ぐ。

おすすめ記事(一部広告含む)