2009年7月21日

住金日鉄ステンレス鋼管、溶接ステンレス鋼管4万円上げ

 住金日鉄ステンレス鋼管(本社=茨城県古河市、土井芳夫社長)は7月契約分(9月積み)から、溶接ステンレス鋼管の値上げを決めた。値上げ幅はトン当たり4万円で、対象は店売り、ひも付き。

 原料のニッケル価格が4月から上昇に転じており、それに連動する形で母材コイルの価格も5月以降、毎月値上がりしている状況。

おすすめ記事(一部広告含む)