2009年7月21日

東京地区の異形棒、下げ止まりムード

 異形棒鋼は直送トン5万8000―5万9000円で弱横ばい。メーカーの値上げ発表を受け、下げ止まりムードが出てきた。東京製鉄の発表次第で底値を探る動きが強まりそうだ。ただ、マンション建設を中心に需要はいぜん低迷、ゼネコンの値下げ要求は続いている。

おすすめ記事(一部広告含む)