2009年7月23日

鉄スクラップ、国内相場が踊り場

 国内鉄スクラップ相場が再びこう着感を強めている。一部地域で電炉メーカーが買値の引き下げに動くなどピーク感が広がる一方、高炉・特殊鋼メーカーの減産緩和、5月の爆発事故で休止していた東京製鉄・岡山工場の電気炉の操業再開などで鉄スクラップ消費増も見込まれる。

 国内スクラップ高を受け、電炉各社が販売価格を引き上げるなど製品市況に底打ちの兆しも見えており、「これらが鉄スクラップ市況下落に歯止めをかける」(流通筋)という。

 さらに国内相場が上昇基調に転じている韓国からの輸入オファーが増加しており、「今週の成約価格次第では再度、日本国内の市況を引き締める」(商社)要因となりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)