2009年7月28日

東京地区のH形鋼、荷足鈍く下値寄り

 H形鋼は200×100でトン6万8000―7万円で弱含み。一部で企業の設備投資が再始動しているが、荷動きはいぜん鈍く下値寄りで推移している。メーカー販価と同水準の取引も散見されており、ジリ安基調が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)