2009年7月29日

東京地区のコラム、下げ含みの展開

 大径角形鋼管(コラム)は12×300×300の一次加工(切断、開先)込みのBCRで置き場トン10万5000―11万円で弱含み。物件向けが先行して価格を押し下げており、市中の下げムードはいぜん強い。引き合いが低迷するなか、しばらくは下値寄りで推移する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)