2009年7月29日

大阪地区の異形棒、荷足低調 弱含み

 異形棒鋼は5万6000円(トン当たり、ベースサイズ、直送)どころで、弱含みの展開。 引き合いは土木関連が多少出ているとの声もあるが、全般的にさえない。「7月以降、見積もり依頼の話が少し増えているが、成約に至るかは不透明」「荷動きがよくなったという実感はない。景気減退の根は深く、年内の回復はまったく期待できない」(流通筋)といった声が聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)