2009年7月31日

特殊鋼、3割アップ 7-9月生産計画

 経済産業省の09年度第2四半期の特殊鋼熱間圧延鋼材生産計画によると、生産量は354万7400トン(前期比30・5%増、前年同期比36・4%減)と前期より大幅に増加する。同省が策定した需要見通しと比べ40万4000トン、12・9%上回る。主力需要分野の自動車がけん引、構造用鋼などの増加につながる。国内、輸出とも全鋼種が前期比増となる。

おすすめ記事(一部広告含む)