2009年10月1日

油井管市場が二極化、欧・アジア引合い漸増

 米国、非米エリアで、油井管マーケットが二極化する様相を呈してきた。中国製油井管を中心に国内在庫が膨らんでいる米国市場は需要減退が著しく、欧州や中東、東南アジアの非米市場では原油価格の続騰などで引き合い、受注件数が漸増。

 油井管の需要回復が2010年度下期以降になるとの見方が大勢を占める中、日本の鋼管メーカー、商社は非米市場の動向に注視している。

おすすめ記事(一部広告含む)