2009年12月10日

関西H形、在庫減も市況軟化懸念

 関西地区のH形鋼在庫が減少に転じた。大阪ときわ会がまとめた地区の11月のH形鋼在庫は前月比11・1%減少し、在庫率は2・12カ月となった。大阪鉄鋼流通協会(OSA)のH形鋼在庫も減少が予測されており、前月、危険水域を超えたといわれた関西地区のH形鋼在庫はひとまず最悪期を脱したようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)