2010年2月3日

タイ工業相 「高炉一貫日本の公算」

 タイ工業省のチャンチャイ・チャイルンルアン大臣は1日、バンコク市内で産業新聞社などのインタビューに応じ、「鉄鋼政策として国内で川上の鉄鋼生産をできるようにしたい」と高炉一貫製鉄所の建設に前向きな姿勢を示した。

 建設地の選定が最も重要とし、同省の鉄鋼研究所で6カ月かけて調査を進める。高炉誘致に名乗りを上げた海外の大手鉄鋼4社の選定について、「日本高炉になる確率が高い」(ウィクロム・バラグプタ所長)と日系製造業が多く進出する市場環境を考慮するようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)