2010年2月5日

住友金属・鹿島、大径管投資 年内に完了

 住友金属工業は、鹿島製鉄所での超高強度大径溶接鋼管(X100以上)の量産化に向け総額100億円を投じた設備増強を2010年内に完了する。

 09年9月にはすでに大径管工場で超高強度ラインパイプ生産に対応して新設した拡管機が稼働。パイプ原板を製造する厚板工場では、圧延ラインの加速冷却設備「DAC」2基のうち1基を全面更新工事中で、年内の立ち上げを予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)