2010年2月16日

東京地区のナマシ鉄線、安値目立ち軟調

 ナマシ鉄線は軟調な展開。市中価格は4ミリがトン当たり14万3000円どころ。市況が下げ止まるのは2月下旬以降とみられているが、流通間の価格競争が激しく年度末の換金売りも懸念される。需要は当面、底ばいとの見方が多くジリ安基調で推移する公算が大きい。

おすすめ記事(一部広告含む)