2010年2月17日

東京地区のNi系ステン冷薄、上昇気配見えず

 ニッケル系ステンレス冷延薄板は横ばい。国内は半導体関連などが需要旺盛だが、その他はピークの6―7割の荷動きで低調。海外も中国の春節などで商いは閑散としている。SUS304ベースサイズ(2ミリ厚、仲間売り)はトン当たり31万円どころ。

おすすめ記事(一部広告含む)