2010年2月3日

東京地区のNi系ステン冷薄、一部に先高観台頭

 ニッケル系ステンレス冷延薄板は横ばい。荷動きは落ち着いているが一部に先高観も。ただ全般的に需要が低迷する中で、在庫リスクを避ける流通が大半で当用買いに徹する動きが目立つ。

 公共工事が減少する半面、半導体装置向けの需要は増加している。SUS304ベースサイズ(板厚2ミリ、仲間売り)はトン31万円どころ。

おすすめ記事(一部広告含む)