2010年6月3日

自動車各社、国内生産計画が上振れ

 トヨタ自動車やマツダなど自動車メーカーが、相次いで国内生産計画を上方修正している。国内需要の回復傾向が続いていることに加え、北米や欧州向けの輸出が伸びているためだ。国内完成車メーカーの上半期の生産計画をまとめると、完成車ベースで458万8000台、KD(ノックダウン)生産が414万1000セット。完成車ベースでは、高炉メーカーが年度当初に見込んでいた440万台程度に比べ、20万台近く上回るほか、3月初めに自動車メーカーが示した計画に比べても、5―10万台増加する。

おすすめ記事(一部広告含む)