2010年6月11日

普通線材、内外で値差拡大懸念

 普通線材の追加値上げを受けて、線材の値差拡大が懸念されている。中国の普通線材価格の動向は不透明感がでており、入着増への警戒が強まっている。また、鉄スクラップが下落基調にあるなか、高炉材、電炉材、輸入材の価格ばらつきが大きくなるのでは、とみられている。

おすすめ記事(一部広告含む)