2010年6月15日

東京地区の異形棒、原料安で弱含み

 異形棒鋼はベースサイズで直送トン6万8000円、在庫7万1000円どころで弱含みに転じた。原料鉄スクラップ価格がここ1カ月でトン1万円下落し、弱ムードが一気に台頭。ゼネコンは下げ圧力を強めており、地合いは次第に弱まっている。流入玉の懸念もあり、目先は弱基調で推移しそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)