2010年6月18日

構造用鋼市況、関東で上伸局面

 関東地区の構造用鋼市況は、約1年半ぶりの上伸局面を迎えている。高炉メーカー、特殊鋼専業メーカーなどが春先に打ち出した値上げが、国内市場に徐々に浸透し始めている。

 流通各社は6月からトン当たり1万5000―2万円の幅で唱え上げを開始しており、すでに一部需要家向けで合意している。流通では秋以降、メーカーによる2次値上げの可能性が高いと判断、早期の価格転嫁を図りたい考え。

おすすめ記事(一部広告含む)