2017年11月21日

構造用鋼市況、関東11万5000円に上伸

 関東地区の構造用鋼(S45C、丸鋼)市況はトン当たり1万円上伸し、11万5000円どころとなった。自動車を中心に建設機械、産業機械など需要産業が総じて好調に推移する中、特殊鋼メーカーはフル操業となるなど需給タイトが鮮明化。並行してメーカー値上げも進んだことを受け、流通業者は10月帳端から店売り再販価格の引き上げを本格化し、足元で市中に浸透した。

おすすめ記事(一部広告含む)