2010年6月23日

大阪地区のコラム、需要低迷、横ばい

 コラムはBCR、STKRともに10万5000円(トン当たり、12×350×350サイズ、置き場渡し)どころで横ばいの推移となっている。 僚品のH形鋼の軟化に伴い、コラムについても、客先からの値下げ要望が強まっており、一部に安値販売も見られるもよう。

おすすめ記事(一部広告含む)