2010年6月25日

東京地区のH形鋼、下値寄りで推移

 H形鋼は200×100で、トン当たり8万―7万8000円で弱基調。東京製鉄が値下げしたのをきっかけに下落ムードが強まり、下値幅が広がった。6月に入って一段と引き合いは減少しており当面、需要の増加も期待できず、ジリ安基調が続く見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)