2010年6月28日

POSCO、鉄鉱石権益の拡大加速 西豪開発

 韓国のPOSCOが権益を持つ、西豪州ピルバラ地区のロイヒル鉄鉱山開発プロジェクトは先週、西豪州政府から鉄鉱石輸送用鉄道敷設に関する承認を得た。

 資金調達可能な事業化調査を年内いっぱいに終え、鉱山開発からインフラ整備などの建設期間を経て、年産5500万トン体制で、2013年内の生産開始をめざす。POSCOは長期で自前の鉄鉱石権益比率を50%に引き上げる目玉案件として、開発を後押しする考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)