2010年6月28日

タイ高炉一貫建設計画、立地決定に遅れ

 タイ投資委員会のアッチャカー・シーブンルアン長官は24日、東京の帝国ホテルで会見を開き、タイ政府が計画している高炉一貫製鉄所建設について、「東部と南部の2つの地域で、土地を選定している段階。コンサルタント会社で実現可能性など調査をまとめてから内閣に申請する」と語り、当初8―9月を予定していた場所の決定時期が遅れる可能性を示唆した。立地が決まった後に、住民と対話を行う必要があり、建設にはなお時間を要する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)