2010年6月30日

東京地区のH形鋼、安値散見で弱基調

 H形鋼は200×100でトン当たり8万―7万7000円で弱基調。引き合いが落ち込んでおり、流通の出庫量は伸び悩んでいる。東京製鉄の値下げをきっかけに台頭した下げムードは続いている。価格面で妥協するケースもあり、下値寄りの取引が増えているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)