2010年7月1日

東京地区の厚板、価格転嫁が難航

 厚板は横ばい。定尺(19ミリ、5×10)はトン当たり8万8000円、切板が9万5000―10万円どころ。高炉母材の値上げ圧力は続いているが、建築向けを中心に実需は不振。流通の提示価格引き上げは浸透しにくくなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)