2010年9月7日

東京地区の針金、同値圏内で推移

 針金は引き続き横ばい。市中価格は4ミリがトン当たり19万円、2ミリが21万円中心。一般に建設工事が盛況を迎えるとされる秋に入ったが、足元ではまだ線材製品の需要回復が意識される状況ではないとみられる。安価な輸入材の入着も影響するなか、流通への二次値上げ浸透は困難との観測が支配的だ。
おすすめ記事(一部広告含む)